基本的な利用方法

基本的な利用方法について

ZF-ExではZend Frameworkのディスパッチ機能を利用しています。アクセスしてきたURLを解析し、対応するmodule, controller, actionのメソッドを実行します。

http://mydomain.com/site/(コントローラ名)/(アクション名)/(パラメータのキー名1)/(パラメータの値1)/(パラメータのキー名2)/(パラメータの値2)/ ...

パラメータのキー名や値の入力は任意です。また、コントローラ名やアクション名は省略可能で、省略した場合にはデフォルトの値としてindexが使用されます。

ZF-Exではコントローラ名の前にモジュール名を入れる事により、そのモジュールをディスパッチすることができます。たとえばadminモジュールにアクセスしたい場合、urlは次のようになります。

http://mydomain.com/site/admin/(コントローラ名)/(アクション名)/(パラメータのキー名1)/(パラメータの値1)/(パラメータのキー名2)/(パラメータの値2)/ ...

モジュール名がない場合、デフォルトとしてdefaultモジュールが使用されます。

ディスパッチされた値により、対応するコントローラのアクションメソッドが呼び出されます。例えば、http://mydomain.com/site/test/var/とした場合はモジュールがdefault、コントローラがtest、アクションがvarであり、次のファイルの次のメソッドが呼び出されます。

  • application
    • modules
      • default
        • controllers
          • TestController.php

 

class TestController extends AppController
{
    public function varAction()
    {
        // アクション中の処理
    }
}

このようにしてアクションコントローラで処理を行った後、対応するビューファイルを取得してレンダリングを行います。ビューファイルの詳細についてはビューについての項目をご覧ください。

ディスパッチのルーティングのルールはZend_Routerによって決められており、設定の変更も可能となっています。ルーティングの詳しい設定方法についてはルーティングの項目をご覧ください。

基底クラスについて

AppControllerを各コントローラの基底クラスとしています。AppControllerに書かれたメソッドは全てのコントローラで呼び出し可能です。また、AppContoller内には各コントローラの共通処理についても書かれています。詳しくはコントローラ共通処理部分についての項目をご覧ください。