Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

B-PROJECT 第1話「BOYS MEET GIRL」感想

B-PROJECT 第1話「BOYS MEET GIRL」感想です。


西川貴教プロデュース、志倉千代丸原作。
1話は準備していた番組への出演取りやめ、そしてキタコレのレコーディングのエピソード。
思っていた以上に業界を真正面から描き、とても堅実な構成だった事に驚き。
レコーディング一つでここまでじっくり描写するとは思っていませんでした。
西川貴教プロデュースというのがどう作用するか予想できなかったのですが、
1話を見て、確かにアイディア出すにはこれ以上の適任はいないと納得できました。
後は、物語の都合で誰かを踏み台にしたりヨゴレ役を押し付けたりする事なく、
劇中で貶められるキャラが出ないように結構気を遣っているのは感じられました。
(Cパートのキスシーンは……まぁ、おいておきます)


第1話は「このアニメではアイドルのこういう側面を描きます」とコンセプトの提示がメインで
その分大人しめなエピソードでまとめてきた印象。
この内容でも楽しめるほど毎話のエピソードを高い完成度で仕上げてくるか、
もっとはっちゃけた演出をしてくるかは様子見ですね。


登場人物についてはキタコレの二人とつばさが分かったくらいで、残りの人物の把握は今後追い追いといったところ。
どこまでやっていいか探っているのか、全体的にまだあまりキャラの表情を崩していないんだけど、
つばさだけは最初からギアをぶっちぎって表情崩しまくりなのに笑ってしまう。
ここまで最初から崩しているのは「金元さんだから」というのが今のところ自分で一番納得できる理由。
キャラデザや1話の作監は川村敏江さんなのですが、
やっぱりキュアピースを連想してつばさもこういう表情になっているのかなぁと思ったりしました。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment