Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

Beer Cafe Hopman(茅ヶ崎)訪問

茅ヶ崎のBeer Cafe Hopmanに行ってきました。
今回は8/8に訪問ですが、ここに来るのは4回目くらいです。


茅ヶ崎というのは東京都内からすると絶妙に距離のあるロケーションにも関わらず、
クラフトビールの本に掲載されていたり、ブログで紹介されていたり、
都内のクラフトビールに店の案内があったりと結構評価が高い模様。
そして実際に行ってみてそれだけ評価が高いのにも納得しました。

店名が「ビアカフェ」である通り、バーよりもカフェのような雰囲気が強めになっています。
また、座席の間隔が広めであったり、メニューの価格が抑え目であったりと、
全体的に「ゆとりのある」雰囲気があります。
これは地価の影響が大きいとどこかのガイドブックで見た記憶が。

この他にもセルフサービスの水がハンドポンプ式であったりと面白い店構えになっています。


20150808_195130
鶏肉の炭火焼(ハツ)
以前食べておいしかったのですが、食事の最後の方で注文して十分に味わえなかったので再挑戦。

20150812_154949
トリッパの味噌煮込み。


炭火焼と合わせて、非常においしかったです。
しかも都内と比べても結構値段が抑え気味。


20150812_154933
コロナドのアザッカウィート。

20150808_195923
HOPMAN“一番豆絞り”5th Anniversary Ale。
こちらの店の5周年記念限定醸造との事で、
ちょうどいいタイミングなので注文しました。
度数が低い割にホップの香りが強く、ちょっと尖った個性の出てるエールでした。


なお、ここは1階にも姉妹店「一房一献」があります。
普段はワインとクラフトビールの店なのですが、
毎月8がつく日には「エイトマン」という特別な営業に切り替わり、フードがタコ焼きに変わります。

ちょうどこのエイトマンの営業の日であったのでちょっと立ち寄り。

20150808_202435
こちらのエイトマンで注文したワイマーケットの「肝臓破りの赤」。
日本のビールにしては珍しいアルコール度数8度超えで、ガンガンと強烈に響いてくる感じでした。

肝心のタコ焼きは撮り忘れ。無念。
しかしタコ焼きのソースが大充実しており、十種類は超えていた記憶があります。

距離があるので他の用事がないと行けない場所ではありますが、
機会があればまた立ち寄りたいと思える場所です。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment