Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

純潔のマリア5話「勇気を、分別を、」感想

純潔のマリア5話「勇気を、分別を、」感想です。


今回はほぼ完全にアニメオリジナルの話。

話のメインとなるのはオリジナルキャラクターであるガルファでしたが、
主人公のマリアにとって今回の話の意義は
「当事者が仲裁を望まない争いも存在する」と知る事なのでしょう。
それを知ってしまうのは争いを止める事を行動理念にしてるマリアにとって一大事なのですが、
(しかもこれは原作にはない要素)
これを今後の展開にどう活用するつもりなんでしょう。


今回の話はとにかく泥臭くて、この時代の世界を再現しようとする意思が特に強く感じられました。
傭兵団の駐屯地の男臭さとか、誇りを重んじて傭兵を見下す勅令騎士とか。
決闘の場においてはそれぞれの立場で考えてる事が違っていて正に「想いが交錯する」状況なのですが、
それでも誰がどのように考えているか大体すぐに理解できるのが本当に凄いと思った。
そうやって実直に作り込んでおきながら逆転の鍵が変則的なソードブレイカーという搦め手なのが、
リアルさとフィクションの巧みな融合であるなと感心しました。


やはり見てて思うのは、世界のバランスが原作からかなり変わっているという事ですね。
原作以上にマリアにとって「厳しい」世界になっています。
アニメオリジナルキャラがかなり増えていますが、
それらは大体マリアの戦争介入により不利益を被る立場の者達です。
原作ではビブが一回警告に来た程度で、
戦争介入の負の側面をこれほど強調する事はありませんでした。
また、そのような側面を強調するようになると同時に
マリア自身も原作以上に行動に対する迷いを見せるようになっています。
ここも原作では戸惑いというものがあまり描かれず、ずっとブレない姿勢のままでした。

こういう変更がある以上、マリアが出す結論についても
原作以上に説得力を打ち出すのが難しくなりそうで、
その理由付けをどうアレンジしてくるかも注目しています。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment