Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

悪魔のリドル 第12問「故に、世界は□□に満ちている」感想

悪魔のリドル 第12問「故に、世界は□□に満ちている」感想です。

世界は赦しに満ちている。ゆえに、全員生存。

いやいやいやいや、それおかしいから!
メッセージとしては分からなくもないんです。
生きているという事は赦されてるという事であり、
世界に赦しが満ちているのだから死人が出ないという理屈はまぁ理解できます。

でも、これまでの描写の積み重ねとか、
晴が死んだんじゃないかと思わせてからの
溜めなしで生存したのを見せたりとかはちょっと納得できないものがあります。
特に死んだと思われた柩、千足、純恋子あたりは。
純恋子はサイボーグだから高所からの落下にも耐えられる……
と言い張るにしてもエピローグ入る前に生存を仄めかす何かが欲しかったところです。


逆に、最後のエピローグを除いた12話前半の戦いは凄いよかったです。
操られていない事を証明するために晴を殺そうとする兎角の狂いっぷりや、
兎角に感謝しつつも死ぬわけにはいかないからちゃんと決死の抵抗をする晴、
晴を救いに来た兎角の方が実は偽物で殺しにかかった兎角が本物であるとか、
非常に入り組んでいるように見えて
一つ一つちゃんと追っていけば納得のできる構成になってるのが絶妙だった。
(鳰の行動こそがプライマーの力が存在する事を暗示するものになっているのがまたうまい)
これに加えて、アクションシーンも気合いが入っていた。

……それだけに、暗殺達成と思われた直後に「赦し」で生存が判明するのは
あまりにカタルシスがなさすぎてガックリきました。


12話終わったここまでの印象をまとめると……
何だったんだこのアニメは、という戸惑いが主ですね。

キャラクターの個性が強いけど、それをアピールしたら退場させられるとか。
「死」に肯定的な意味を持たせている一方で、
世界は赦しに満ちているという事で最後全員生存させたりとか。
武器考証の担当者を起用するほど武器やアクションに拘っているが、
登場人物の行動にどこかポンコツ感が拭えなかったりとか。
最後まで相反する要素を繋ぎ合わせる事ができなかった感じです。
そのために「大真面目にやっているギャグ」という風になってしまいましたが、
これがどこまで計算してやっていたのか、判断に迷う所があります。

アクションに関しては、ナイフや近接格闘を主として
凄く綺麗に仕上がっている回が多かったように思います。
まぁ、その中で10話は異端を放つ出来栄えでしたが……

主演の一人である金元寿子さんは……
珍しく話の大部分で力を発揮できていなかったように思います。
一ノ瀬晴の感情が見えるようになってのは10話以降で、
それ以前は感情のないお飾りのヒロインのようでした。
実際作画、演出でもそのようになっていたから兎角を失いそうになったり
対峙した時にようやく感情が発露するような演出意図だったんでしょうが……
ギリギリまで感情を抑えていたせいで
メインヒロインなのに内面が読めない不気味さが出てしまったように思います。


色々と思うところはあるのですが、
それでも毎週毎週楽しみにしていた作品だった事に違いはありません。
スタッフの皆様、お疲れ様でした。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment