Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

悪魔のリドル 第7問「永遠に追いこせないものは?」感想

悪魔のリドル 第7問「永遠に追いこせないものは?」感想です。


首藤涼編。そして水着回。


これは……息抜き回でいいんだよな?
晴どころか兎角まで一度は危機的状況に陥ってて、
割と殺伐としたシーンもあったのでそう受け取っていいのか判断に迷う……

何故かスイカにカード仕込んでいたり、
照明のところにカード貼り付けていたり、ウォータースライダーに巨大な罠仕掛けていたり、
どうやってやったのか考えたら悩むような下準備だらけで……
多分「いつも以上に深く考えたらいけないギャグ回だから」が答えなんでしょうけど、
キャラがあまり崩れないからなかなかそういう風に受け取りにくいです。

他の生き残り暗殺者と比べて過酷な人生が待っているわけでもなく、
(もっとも涼の場合生き続けるのが辛いというのはありますが)
今回初めて信賞必罰の適用が崩れた気がして残念でした。
爆弾は不発だったのだし、フェイクだったと種明かししてもよかったのかなと思ったりしました。


んー……考えていくと、今回の話は不満の方が強く出てきてしまいますね。
落としどころ含めてギャグとしても微妙だったからでしょうかね。

あと、春紀を境にして晴を殺して目的を達成する事から
自ら死ぬことで救いを求めるような暗殺者の話に軸が変わっていって、
暗殺者の出自の性質を大きくシフトさせてるのかなと思った。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment