Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

悪魔のリドル 第3問「赤いのに赤くないのは?」感想

悪魔のリドル 第3問「赤いのに赤くないのは?」感想です。


うーん、うーん……

1, 2話と見比べると細かいところで整合性がほつれてるのが最初に目に付くような3話でした。
例えば、2話ラストで兎角が自分用の予告状破いた時に鳰が驚いた表情をしていたのが
3話冒頭では飄々と受け流していたりとか。(これは3話冒頭のリアクションの方が原作と合致してる)
あと、1, 2話ではアクションの動きがリアル指向だったのが
3話で銃弾跳ね返しとか落下するハサミで拘束解くとかの超人アクション寄りにシフトしていたりとか。
ちゃんと各話ごとでコンセプト統一できていないのかな、と不安になりました。

ただ、全体的には綺麗に改変していて、
原作の不自然さを緩和する事には成功しているんです。
乙哉が嫌らしく晴に近付いてきて、
それが犯人だと直前まで気付かないような構成にしたのはうまかった。


それだけに、こう、もう一歩踏ん張って作りこんでくれれば
ずっと良いエピソードになったものを……と何度も思わずにはいられなかったです。
後半の兎角が地下に閉じ込められる以降の流れは、
脚本の時点でタイムアップして推敲できなかったのかと思うくらい。


ただ、どうしようもない状況だとは思ってないので4話以降で持ち直してくれる事を願うのみです。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment