Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

ぎんぎつね 全体感想

ぎんぎつね12話と、あと全体の感想です。

夏越の祓。


最終回にあくまで神社の行事の一つを持ってきて、
人間関係や物語などの区切りになっていないのはいかにもこの作品らしい。

実際原作ではこの後も話が進んでいるわけで、アニメとして最終回を迎えた後も
まことや銀太郎達の物語や人間関係は続いていく事を示しているように思う。
2期への含みとも取れるし、「区切り」が存在しないという価値観の表れとも取れる。

全12話を振り返ると、深夜アニメの売れ筋や流行などを完全に無視して
原作のテイストをそのまま再現する事に徹したような内容になっていました。
特に最終話は風景の空気感や映像美の追求が素晴らしかった。
派手さはないけど静かに印象に残る良作として綺麗にまとまったと思います。
後半はキャラの動かし方や崩し方など、細かい所で「コツを掴んだ」ようになって
調子が上がってきた矢先に1クール終了したのでまた続編を制作して欲しいところです。


キャストの皆様、スタッフの皆様お疲れ様でした。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment