Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

ぎんぎつね 5話「あたたかい季節」感想

ぎんぎつね 5話「あたたかい季節」感想です。


ハルの神使としての生い立ち、そして悟との和解。

前回は話の構成上重い部分が集中してしまったのは仕方がないのですが、
今回は綺麗な落としどころへと落ち着いた感じ。
今回はほぼ原作通りの流れにしてくれてよかった。

とにかく原作の魅力をそのままに、
脚本や設定の派手さじゃない所で魅せてくれようとしているので見てて安心できます。
その分、前回みたいに原作が谷だとそのまま不安となって押し寄せるのですが……

金元さん、三木さん、関さんの3人は
どんどん演技がマッチしてきて鋭さを増しているように思う。
特に関さんは普段適当なのに締める所は締める懐の広さが凄く良く出てる。

そして改めて、自分にしか見えない女の子のキツネだけが友だちの幼少期を過ごしたってのはインパクト大きいな……
悟が凄い歪んだ内面を抱えててもおかしくなさそう。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment