Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

ぎんぎつね 1話「十五代目と銀太郎」感想

ぎんぎつね 1話「十五代目と銀太郎」感想です。


うん、良い1話でした。

特にこれといった劇的な事件は起こらずに
何となく日常が過ぎていく作品だという事を端的に示す良い導入。

これは先の展開を気にしながら待つわけでなく、
ゆっくり見ていくのが正しい視聴スタイルなんでしょうね。
原作のテイストがその通りであるので原作の再現という意味でもナイス判断。

まだ1話で人間関係が出来上がっていないので
キャラ同士のやり取りが弱いようにも思いますが、
そこはこの先だんだんと良くなってくるのでそこに期待。

キャストに関しては、金元さんと赤崎さんが
1話にして全く危うさを感じさせないほどの安定感でした。
金元さんは琴浦春香に似せつつ今作の空気に合わせてコミカルっぽさを抑えているし、
赤崎さんはヤンキーっぽい低音という新たな境地を拓いてた。

後は背景美術や色彩がかなりの作り込みで、夕日の色合いの出し方が素晴らしかった。
キャラの動きが少ない分背景に力を入れる余裕が生まれてる感じがあります。

ちょっと鼻についたのは、台詞回しに説明的な口調が何回かあったという所でしょうか。
それと原作既読者として気になるのは、原作のどこまでいくかというところですね。
作中の空気の流れは遅いけど新キャラが登場したり人間関係が変化したりといった動きは確実にあって、
1クールだとまだこれから先盛り上がる余地を残したところで終わってしまいそうな気もします。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment