Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

翠星のガルガンティア 13話「翠の星の伝説」感想

翠星のガルガンティア 13話「翠の星の伝説」感想です。

この空と海の全てが、貴方に可能性をもたらすだろう。
生存せよ。探求せよ。その命に最大の成果を期待する。


最後にチェインバーが全てを引き受けて特攻。

予想できた範囲内の結末でありながら
チェインバーの語りが熱すぎて最後には勢いで全部持っていく構成になっていた。

振り返るとこの作品はレドとチェインバーのコンビの物語であり、それは作中でずっと一貫していました。
成人向け漫画家の鳴子ハナハル氏がキャラデザしていた事もあって
前半はエイミーなど女性陣の方に目がいきがちでしたが、
後半にいくにつれてレドとチェインバーの比重が大きくなり、
最終的にはこの2人の関係に焦点が当たるようになっていました。

レドが銀河同盟の呪縛から解放され、
地球で独り立ちできるようになるのが到達点で、
そのための描写は過不足なくされていたと思います。
ただ一方で、壮大な世界観の割には手頃なサイズでまとまってしまった感はやはりあります。

クーゲル中佐やストライカーは銀河同盟の「負の側面」の象徴であり、
レド個人として乗り越えるべき相手という部分が強かったです。
実際は地球の人類にとって脅威だったはずなのですが、
人類全体の脅威という見せ方はあまりされていませんでした。
ラスボスとして物足りない感じがあるのはこの辺の表現が原因ではないかと。

しかし以前に書いたように、作品のコンセプトの一つとして物語のスケールを無闇に大きくせず、
むしろ小さくしていく狙いがあったと思います。
そのため、敢えて人類や地球全体の脅威という見せ方をしなかったのは適切かと思います。


全体を通すと、本当に1クールでよくまとまった作品だと思います。
後半ガルガンティアを離れた事で作品として華やかさが失われた感はありますが、
ガルガンティアへ戻る決意をレドがするためにはこういう離別の構成は必要だったのでしょう。

これだけの作りこみを1クールで締めてしまったのは惜しい……
と思いつつ、ここから無理に展開を続けると今度は引き際を読み間違えて
ズルズルと続いてしまいそうな気がするのでやるなら慎重に、と思ってしまいます。

あまり言いたくはないが、本編は1クールで綺麗にまとまったのに
その後も展開を続けて搾り取りモードに移った虚淵脚本の某作品とか……


キャスト陣は、とにかくレギュラー格が全員素晴らしいはまり役で、
特にレド役の石川界人君が目覚ましい活躍でした。
初主演かつ未成年でありながら、これほどの難しい役を危うげなくこなす驚異的な安定感。
ここまで今後の成長が楽しみな男性声優は久しぶりに見ました。

チェインバー役の杉田智和さんは
機械的で抑揚のない声のまま視聴者を引き込む演技をしており、その多芸ぶりに唸らされました。

エイミー役の金元寿子さんは後半は出番が少なくなりましたが、
前半では明るいメインヒロインとして申し分のない活躍をしており、
最終話に来て重要な役回りをもって戻ってきました。
後半出番減ったのは「もっと声を聞きたかった」と死を恐れるレドと視聴者を
リンクさせるため、前半のうちに強く印象付けて後半でそれを喪失させる
狙いがあったのかなと最終話を見て思いました。


ともあれ、制作スタッフの皆様、出演者の皆様お疲れ様でした。
楽しい3ヶ月を過ごす事ができました。
2期は分かりませんが他の展開は続くようなのでそちらも楽しみにしています。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment