Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

翠星のガルガンティア 5話「凪の日」感想

翠星のガルガンティア 5話「凪の日」感想です。


水着回かと思ったらとんでもないギャグ回だった。

肉を消滅させたあたりから今回はギャグの方向に
向かうんじゃないかという予感がありましたが、
チェインバーの鉄板化とオカマの出現は予測不能にも程があった……

ヒロイン勢の水着姿をお披露目するという本来の目的を達成しつつ、
それ以外の要素をガンガン増やしても構成が破綻しないのは見事でした。

ものすごい自由にやっているようだけど、
ちゃんと1話の中に船団の社会描写を織り交ぜつつ
綺麗に話をまとめるのはこの作品の根底にある真面目さを象徴してるようにも思った。

何か、この作品は映像面と脚本面の相互連携がかなり高いレベルで実現できてると感じる。
台詞だけでは汲み取れない細かい振る舞いを映像で随所に入れてて、
本当に互いを信頼してないとここまではできないなと。

メタ的に考えれば今回のサブタイトルの「凪の日」は物語上の小休止の意味もあり、
間もなく物語が大きく動き出す先触れとも取れるんですが、
果たして6話ではどのようになるか……

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment