Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

イクシオンサーガ DT25話感想

イクシオンサーガ DT25話「K2(Kon of Knack)」感想です。


フォレゾーは紺が痛罵して終了。
あれ、紺はフォレゾーに殺意がなく、
何事も意に介さずただ動いているだけと見抜いたからなんだよなー。
本当にゲーマー的な思考での状況分析がよくはまるキャラに大成したと思う。

ハイペリオンとしての活躍を期待していたが予想に反して全て口先で乗り切ってしまった、
というのはスタッフ側の本音も少なからず混じっているのではないかと思った。

非常に高速で風呂敷を畳んだが、
それでも大体は問題なく進行しているのがうまい。

謎子は最後まで謎のままだったりいくらかのブン投げもあるけど、必要な事は説明したのでまあ問題なしかなと。
終盤に来て尺調整の回がいくつかありましたが、それでも最終回での尺不足感はあまりありませんでした。

そしてEDはついに失ったタマが復活する流れに。
マリアンというニューハーフがいるからにはこれも当然予想していたのですが、
2つのタマが飛んで動く演出が酷すぎて爆笑。
もう本当にこれやりたくてしょうがなかったんだろうな……と思わせる迷シーンでした。


全体を通すと、やはり2クール目入った後のネタ切れ感はどうしても否めません。

また、下ネタはEDやマリアンやらタマに関わるメンズなネタが強すぎて、
DTのDTらしい下ネタがなりを潜めていたのが残念でした。
これは謎子を引っ張り続けて本格的に関わるのを遅らせたせいだと思ってますが……

ただ、「スポンサー(カプコン)が好きにやっていいと言った」
という部分を初期から包み隠さず言っており、
また実際に好き放題だったのですが、
これはずっと開き直り、突き抜け続けていたのでさほど不快感はありませんでした。

この辺の「スタッフが好きにやってるだけだから仕方ない」
と諦めの感情を交えつつ人を巻き込むのはスタッフの底力のなせる技だろうなと思います。

それによって回によってクオリティのブレ幅は大きくなりましたが、
ちゃんと勢いのある回は非常に高いクオリティに仕上がっていました。

何だかんだでどのキャラも性格が気持ちのいい作品だったというか、
後に不快感を残す展開をやらなかったのも視聴を最後まで続けられた一因かなと思います。

あとはDTとEDがいいキャラでした。
DTは童貞捨てたいという部分より、ゲーマー思考な部分に焦点が当たるようになりましたが
それが結果的に凄く面白いキャラになってくれたと思います。
EDは最初にタマを失って以降ロクな目にあわず
真っ当な好青年のはずなのに同情を誘うポジションとなって作品を引っ張っていました。


ともあれ、スタッフの皆様お疲れ様でした。

TrackBack URL :

  • イクシオンサーガDT  全25話

    さて、相変わらずの視聴速度ですw
    新アニメが続々はじまってますが今更の感想です

    こちらはオンラインゲームのイクシオンサーガのアニメなんですが
    ゲームのPが煮るなり焼くな…

    にきログ

    2013年4月20日

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment