Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

琴浦さん 9話感想

琴浦さん9話「まわりにはみんなが」感想です。


今回は思ってたほどは話が進まなかった印象です。
正直、もう少し詰め込んでくるかと思っていました。

通り魔事件(原作では殺人事件)を進展させつつ、
日常っぽい描写をやって、母親との接触を行う。
この辺原作でもこういうバランスなんですが、
本来テイストが違うものが混ざってても
特に違和感を感じないのはなかなか見事な手腕かと思います。

また、終盤にシリアス展開になるのは最近のアニメでは定番ですが、
それに対してアレルギーが出ずに自然に受け入れられるのは
序盤でシリアスな部分を提示してたからなんでしょうね。

原作と比べて琴浦母の描写がマイルドになっていて、
娘を気遣う素振りを見せるようになってました。
この後来るであろう和解エピソードも原作よりも
劇的になるようアレンジする前振りなのかもしれません。

メイン二人は中の人のフィードバックで
原作からだいぶイメージが変わってきたように思います。
真鍋はバカでイケメンというのが強化されるし、
琴浦さんは金元キャラの系譜に連なる小動物っぽさが強くなってきた。

しかし、残り3話の配分どうなるんだろう……
通り魔事件の解決で話を締めると据わりが悪くなるので、
母親との和解で締め、あるいは和解の後に日常エピソードで締め、といったところでしょうか。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment