Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

琴浦さん 4話感想

琴浦さん4話「変わる世界」感想です。


原作でも第一部完の箇所。

重い話をやっているはずなのに
表現が妙に軽いっていうのは原作の特色で、
4話になって原作に近付いた感じがします。

あらかじめ原作を予習していた身としては
放送前はこういうテイストを期待していたのですが、
実際蓋を開けると原作以上にシリアスとギャグの切り分けがされていて、
アニメ側のテイストに慣れていたのでちょっと軽さが目についた感じでした。

しかし足りないのは重さだけで、
1話の間でちゃんとエピソードが完結するまとまりの良さは相変わらず。
琴浦と真鍋の関係が軸と見せかけておいて、
琴浦と森谷の関係も話の軸になっていたというのは
原作知っててもうまいカモフラージュだと思った。
森谷を追い詰めたっていうのも大きな負い目になってるんだよな、これ……

あと、どこまで計算してるか分からないけど、
森谷の家が空手道場という設定から、
毎回「空手道場に偽装した新興宗教疑惑」を
ほのめかすようになってるのが面白い。
2話では謎のかけ声を披露して、
3話で真鍋相手に4対1でも苦戦したり、
今回は探偵雇ったと言ってるけど
その筋のネットワーク持ってる疑惑が出てきたり……

ここまでは原作でも第一部で、原作でもかなり怒濤の展開が続く箇所でした。
ここから先は原作準拠だと普通のほのぼのがしばらく続く流れになるので
それを踏襲するか、構成を変えてくるか読めないしそこが楽しみでもあります。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment