Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

イクシオンサーガ DT16話感想

イクシオンサーガ DT16話「HB(Hit Back)」感想です。


ヒメの覚悟を語る回。

ここまでずっとお気楽な旅を続けてきたけど、
政略結婚しても戦争回避できるか分からないし、
自分が暗殺されても替わりが用意されるってあたりは結構救いのない感じでゾクゾクした。

これ、最終的な着地点どうするんだろうな……
基本的にはブン投げ上等な作風ではあるけど、
ヒメの婚約についてはずっと話の根幹にあるのである程度は納得のいくオチを期待しています。

バリアシオンは何だかんだで一番クセのない良識人に落ち着いてるよなー。
設定上ドSだとは言ってるけど、それの本領発揮するとえげつなくなって作風に合わないし、
そもそも四天王の中でも一番若手だからあまり披露する機会がないって事で
半ば死に設定になってしまったのだと思うけど、
その結果として四天王の中で良識人というポジションを手に入れたのが興味深いです。

不意打ちで銃撃するのは最初は驚いたけど、
4回(ペット含める)も天丼したのは逆に何かオチが用意されてると
身構えてしまったのでちょっと冗長に感じました。

そしてジャグラバーグ卿は今のところ
腹に何を飼っているか分からない大物感を出していますが、
これの化けの皮が剥がれるのはいつになるのか……

次回はハイペリオンについての話。
この作品、何だかんだで根幹はしっかりしてるから
しょうもないと思わせつつうならせて欲しいところです。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment