Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

琴浦さん 3話感想

琴浦さん3話「嬉しくて、楽しくて」感想です。


前半でお気楽な事をやって、後半で急展開へと持ってくる。

3話の引きは陰鬱で救いがないんだけど、
4話では挽回してくれるだろうという確信があるから
次回まで期待して待つことができるようになってる。
これは2話まででシリアスとギャグの上下動が激しいという
作風を確立させていないと炎上する可能性もあったわけで、
地味に冒険しているなと感じました。

今回の話を見て「毎回最終回のような引きを用意する」
ってのは意識的にやってる演出だと確信しました。
1話の時点で凄い勢いだったのですが、
3話まで関心を引き続けるのは見事だなと思います。

琴浦さんの可愛くありつつもどうしようもない程の不幸体質ってあたりも
うまく表現できていて、ともすれば噛み合わない要素を巧みに融合させてて素晴らしい脚本。

森谷は今のところいいところなしなんだけど、
琴浦さんの「自分のせいで周囲の人間が壊れていく」って考え方が、
1話で悲惨な身の上を見せたために説得力を増しているのがうまい構成だと思った。
というか1話アバンがずっとこの作品の根底にあり続けてるようにしてあって、
先に進むほどあの構成が功を奏していると確信させられます。

原作だともう一度告白を済ませているんですが、アニメの3話ではまだしていません。
これは次回の4話で使うのか、あるいはさらに後ろまで引っ張るのか、
原作読んでてもここは予想が難しくて楽しみにしてるところです。

今回もアドリブの入れ方がいい感じで濃かった。
花澤さんは耳年増っぽい演技を要所要所で入れて、
福島さんはどんなキャラでもアドリブで入れるって感じかな。

後は金元さんが全力で音痴な歌い方をしたのに大笑いすると共にプロ根性を見ました。
この後特別EDも歌うようですが、果たして普通に歌わせてもらえるのか音痴なのか……

TrackBack URL :

  • (アニメ感想) 琴浦さん 第3話 「嬉しくて、楽しくて」


    投稿者・ピッコロ

    琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス)(2010/07/30)えのきづ商品詳細を見る

    ESP研究会のメンバーとも打ち解けはじめた春香。お昼は部室で楽しくお弁当を食べた…

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment