Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

スマイルプリキュア 46話感想

スマイルプリキュア46話「最悪の結末!?バッドエンドプリキュア!!」感想です。


先週の不調は何だったのかと思うほどのパワーでした。

キャンディの正体、ロイヤルクイーンの謎、
バッドエンドプリキュア撃退、そしてジョーカーの最後と、
物凄い勢いで風呂敷を畳んでるんだけど、
先週と違って急いでいるとは感じてもそれは割と簡単に受け入れられました。
残り2話がこの勢い維持できれば良い感じでまとめてくれそうですが……

ロイヤルクイーンについては、
「何でいつまでも復活せずプリキュアを手助けしないのか?」
という疑問に対して「すでに命を失っているから」
と答えを示したのはなかなかうまいと思った。
まぁ、踏み込むとさらに次の疑問点が浮かび上がるんだけど……

ジョーカーは何ていうか、狂ったまま退場する事ができて
悪役の格を落とさずに最後を迎える事ができたなと思った。
ジョーカーの最後の三ツ矢さんの演技、
ラストだから悔いを残さない覚悟だったのか
熱の篭もり方が今までよりさらに一段増してた。

で、バッドエンドプリキュア……
こちらも最後の個人戦闘という事で、作画も演技も相当な気合いの入れようでした。
特に福圓さんはバッドエンドハッピーで狂気を含んだ悪役声をやって、
キュアハッピーでそれを超えるヒロインのシャウトをやるという二重の凄味を見せる事態に。
この作品は福圓さんが主演で本当に良かったと何度も思う。

この手の演じ分け経験が5人の中で一番薄い田野さんが
声のトーンを落として完全に切り換え成功していたのには驚いた。

惜しいのは先週は三幹部から作ったと言っていたから、
本当に姿が似てるだけの偽物であって、
プリキュアの心の闇を映しているわけじゃないという事。
まあそこは気にせずバトルを楽しんでおけばいいのか。

尺の都合でダイジェスト気味になってたけど、
自分の名前からプリキュアとしての信念を語るのも良かった。
この中においてピースは微妙に浮いていたけど、
本来公式が想定していたポジションはここで間違いないんだよなぁ……
というか、漫画や特撮好きなキャラが暴走してしまっただけで、
優しさや平和主義の担当だったわけで。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment