Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

イクシオンサーガ DT11話感想

イクシオンサーガ DT11話「UV(Unexpected Victory)」の感想です。


おー、持ち味が噛み合ってる。
やっぱりDTとEDが揃うと面白くなる。

今までは両陣営が相対する時って
DTとEDに焦点が当たる事が多かったですが、
ここに来て他のキャラも動きが見えるようになって良い感じ。

真面目に脚本書こうと思えば書けるのに
わざと悪ふざけしてるというのが見えるのが面白いです。

酒場回でインコグニートの面々のキャラ紹介をしたのは
今回の話のための前準備だったり、
EDのカリボールの必殺技が衝撃波でモンスターを跡形もなく吹き飛ばすのを見せて
「切れ味試してねえ……跡形もない」って突っ込みを誘発させておいて
今回の山場にそれを活かしたり、
馬鹿やりつつそれが伏線になってるのがうまい。

主人公の紺はキャラが絶妙なバランスになってきたと思う。
本人は自分に力がないと思ってて、困難は悪知恵で乗り越える。
卑怯な手も使うのだけどそれが主人公補正と相乗効果を生んでる。
性格は基本的に騒がしくて高感度低いけど、
実は仲間を救う活躍をしてもそれで恩に着せたりしないから
本当に一線を超えた外道にはなっていない。
それから、人が死ぬのは見たくないという現代人らしい甘さがあって、
それが作品を殺伐としたものにしないようにしてる。
主人公らしからぬ所が目立つようになっているけど、
結果的に主人公としての役割はちゃんと果たしているのが面白い。


今回の話、「でも生きてるんだろ?」
って誰もが思ってる事くらいはスタッフも分かってるだろうから、
もう一段くらい何かひねりを入れてきそうな気がしますが……

それと痴女と化したマリアンのエロさがやばい事になってた。
声が男(福山)である事にも違和感がなくなってるし普通にエロいよ!

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment