Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

スマイルプリキュア 42話感想

スマイルプリキュア42話「守りぬけ!なおと家族のたいせつな絆!!」感想です。


キュアマーチ覚醒。

前の2回同様、とにかくお約束だろうと
演出と演技の迫力で力押しするって方針のように思った。
そして今回の井上さんの熱演は見事でした。

まだあと2人控えているけど、西村さんと福圓さんはまあ問題ないだろうし、
5人とも単独で裂帛の気合で熱演できるほどになっているのは純粋に凄いなと思う。

積極的に家族を狙い撃ってくるマジョリーナには恐ろしさを感じた。
何というか、(監督が)こういうシビアで外道な手口が嫌だから
スマプリでは極力それを避けた結果今の作風に落ち着いて、
けど物語が終わりに近付いて解禁せざるを得なくなったと思うと
少し感慨深くなってしまいます。


それと表面に見える性格と隠された内面がやよいとなおで逆になってるのは興味深いです。

やよいは表面的には内気で弱虫そうに見えて、
その実アクティブで芯の強い部分を隠している。
なおはしっかりしたお姉さんであるように見えて、
実際には苦手なものが多かったり脆い部分を隠している。

これは狙っているのか分からない……どころか、公式も意識してる風でもなく
ファンの間でもこれに言及してるのを見た事がないんだけど。


……ちょっと、マジョリーナさんについて思うところを少々。
マジョリーナはメインキャラの中で一番不遇だったのではないかと思います。

マジョリーナには「悪としてのポリシー」が最後まで見えませんでした。
ウルフルンは不良中学生のような世の中を斜に構えて見るところがあり、
アカオーニは自分一人の力を信じて仲間の力を軽視していたのですが、
マジョリーナにはそれに対応する悪の信念が分かりませんでした。

今回や以前にマーチと対峙した時の台詞から推察するに、
「不真面目な、ずる賢い生き方」を担当させるのが
本来の予定だったのではないかと思います。

この予定から外れてしまった理由は2つ思い当たる所があります。
一つはスマプリの作風がお気楽であり、敵も総じて紳士然としているため
ずる賢い部分のアピールが難しかったのではないかという事。
もう一つは、マジョリーナの発明をきっかけとするドタバタが便利すぎたため、
そっち方面での便利屋扱いになってしまったという事。
マジョリーナの発明から始まるドタバタって
基本的にギャグに見えるように調整されてるけど、
本当に抜け目なく小ずるく立ち回ったら
プリキュアが負けてもおかしくない局面は何度もあったわけで、
そうならないようにするにはマジョリーナを
おとぼけた感じにするしかなかったのだろうと思います。

さらに本当に狡猾な部分はジョーカーが背負ったため、
本来やるはずだった「ずる賢い」部分は影を潜めてしまったのではないかと。

ただ、スマプリの世界を「何でもアリ」とするには不可欠な存在であり、
またそのおかげで作品が盛り上がったのも事実なわけで。

番組の中盤を盛り上げるのに貢献したが、同時にそのしわ寄せで
悪の幹部としての存在理由が弱くなってしまったのがマジョリーナではないかと。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment