Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

スマイルプリキュア 31話感想

スマイルプリキュア31話「ロイヤルクロックとキャンディの秘密!!」の感想です。


新型アカンベェ、ハイパーアカンベェの登場。
これは使用者にデメリットありそうな事とか、
2段階で技を当てないと浄化できないとか、
色々戦闘を面白くするギミックが仕込まれてて楽しみです。
正直、スーパーアカンベェはそこのギミックの詰めが甘くて
単調になってしまったと思ってるので。

確かに新商品が展開される間隔が短いですが、
スーパーアカンベェは締めが常に同じでつまらないので
個人的には歓迎です。

次回はみゆきが孤軍奮闘する話のようですが……
前半の山場が本当に凄かったので、
それを越えられずともどこまで迫れるか期待です。


で、最近の構成について見てみると……

何か、夏休み期間がぬるすぎたと思う。
最初のピエーロ撃退以降、かなり意図的に
「物語として描写すべき事」に触れずに引き延ばしをしていた印象がありました。
最初は「夏休みで見ない子供が多いから話は進めないようにする」
方針ゆえだと思っていたのですが、
夏休み明けに急展開ならちょっとのんびりし過ぎていたよなと考え直しました。
キャラの掘り下げもまだまだやる余地は残されていたはずなのに、
そこも夏休み中は避けていました。

これは外れていたら大恥もいいところなんですが……
最初のピエーロ戦のあたりで、
スマプリの2年目が内々で決定したとかないでしょうか。
それで、元々1年のうちに消化する予定だったエピソードも
一部温存せざるを得なくなったとか。

そういう邪推をしてしまうくらい、
夏休み編と今回の話の構成は変にアンバランスだと思いました。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment