Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

非公認戦隊アキバレンジャー 13話感想

非公認戦隊アキバレンジャー 13話「反省会!痛くなければザッツオーライ!」の感想です。



予算がほとんどない状況での総集編。
実質的な本編は12話で終わっていて、
13話はこの先の展望についての話という感じですね。


総集編でも公認での最終回の定番ネタの
メットオフ変身を入れてくるのは流石というか何というか。


次シーズンを作ろうと思えば作るための流れは作っておいた、
しかし大人の事情で頓挫してフェードアウトしてもそれはやむなしと思えるような、
そういう絶妙なバランスの締め方だったと思う。
これって深夜アニメの考え方と凄く似ている。


私は12話の時は次の展開を決めているのだろうと思っていましたが、
13話を見てそうではなかったのだと考え直しました。

急遽13話の制作が決定し、
その最後のメッセージが「番組に感想を寄せて欲しい」というあたり、
本当に今後どうするか方針を決めかねているのかもしれない。

それくらいに強い手応えを感じていて、
何らかの形での続きを作りたい・見たいという想いは
制作者・視聴者双方で共通しているはずなので、
大人の事情に負ける事なく続きの企画を通して欲しいところです。

アキバレンジャースタッフも分かっていながら意図的に触れていないのだと思うのですが、
この世界には八手三郎さえも操っているさらに裏の存在がいるわけで。
それが東映とバンナムの上層部であり、
テコ入れや路線変更が強いられるのもそれらとやり合った上での結果です。
でも劇中ではそこまでドロドロの汚い部分は見せず、
八手三郎が独断でやっているかのように演出したのはある意味で潔いと思う。


製作スタッフの皆様お疲れ様でした。素晴らしい番組でした。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment