Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

[タスク] ファイルバリデーションメッセージの記法を通常バリデーションのものと統一

ver 0.1.2の修正箇所。ちょっとした修正です。




Validate.File.fileExistsDoesNotExist = "%sのファイルが存在していません"
Validate.File.fileNotExistsDoesExist = "%sのファイルが存在します"
Validate.File.fileSizeTooBig = "%sがファイルサイズの上限を超えています"
Validate.File.fileSizeTooSmall = "%sがファイルサイズの下限を下回っています"

元々はこのようにして、
Zend Frameworkのエラーメッセージコードを直接指定していました。
しかし通常のバリデーションとは記法が異なっていたため、
次のように変更して同じようにしました。

Validate.File.DOES_NOT_EXIST = "%sのファイルが存在しません"
Validate.File.DOES_EXIST = "%sのファイルが存在します"
Validate.File.FILES_TOO_SMALL = "ファイルの合計容量が%size%です。%min%以下としてください"
Validate.File.FILES_TOO_BIG = "ファイルの合計容量が%size%です。%max%以上としてください"

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment