Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

スマイルプリキュア 13話感想

スマイルプリキュア13話 「修学旅行!みゆき、京都でドン底ハッピー!?」の感想です。



先週の反動きたのか? と思うほど脚本も作画も弾けてた。


作画はかなり不安定だったけど、
その結果妙な面白作画が出てくる事態になってた。みゆきの魚眼レンズとか。
むしろアレは一体何なんだ、何で放送したレベル。


脚本としてはみゆきが不幸になってそれでドタバタするというだけなんだけど、
それでしっかり笑いが取れるようになってるのがよくできてる。
と同時に、これがスマイルプリキュアだなと思えるような
作風がすでに確立されていた事を再確認する事にもなった。


不幸回というのは脚本家として燃える条件なのかな。
ボウケンジャーもスイートプリキュアも、
不幸という要素をどう見せるかで
脚本家が燃えながら話を書いているような印象がありましたが。

考えてみると大凶を引いたみゆきが(魚眼レンズ演出使ってまで)呆然とするシーンについて、
過剰リアクションに対して違和感を感じなかったというのが凄いのだと思う。
「元々リアクションが派手」「ハッピーにこだわる(=不幸に拒絶反応がある)」
というキャラが確立されていないと過剰リアクションに違和感を感じていたでしょうから。


次回は羽根の変身フォームお披露目っぽい。
予告見た感じ、他にもかなりドタバタ要素満載のようで楽しみですな。

TrackBack URL :

  • スマイルプリキュア! 第13話の感想

    今回は、関西方面へ修学旅行(^_^) ・・・なんだけど。 ハイテンションなみゆきちゃんとは逆に、さっそくキャンディにおやつを食べられてしまっている!(゚□゚;) そのあと、先生には怒…

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment