Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

スマイルプリキュア6話感想

スマイルプリキュア6話感想です。


プリキュア全員が揃った最初の話。
全員揃ってもテンション落ちないというかはっちゃけてるなー、と……

戦闘は5話までと変わらずえらくあっさりしてたけど、
戦闘までの話ではうまく組んでありますな。
何かもう戦闘いらないプリキュアになってきてるような。


さて、今回の話で感じた事。
穿った見方だけど、中盤の中だるみや後半のネタ切れを警戒しているように思う。

今回は絵本の扉の設定が明らかになりましたが
これは物語の装置として考えると凄くよく出来てると思った。
どこにでも行けるという便利さがあり、
かつアクシデントも簡単に発生しうるため、
これで脚本の広がりを持たせられるようになってます。

あとは5人のキャラ立ちも表現してて、
ここもキャラの組み合わせや状況次第で流れが変わる事をうまく見せてると思う。
(まあ、このままだと5人の中で関係が完結して、
 ゲストキャラの関わる余地がなくなってしまいそうな気もしてますが……)


逆に、物語の根幹に関わるメルヘンランド回りは
全て明かしてしまうとそれ以上の広がりがなくなる恐れのある設定ですが、
今回は最小限の説明しかしていません。


そこから1話完結のエピソードを捻りだそうと思えばいくらでもできるよう、
設定に広がりが出る事を意識した構成にしているのではないかと。
(余所を引き合いに出すのはあまりいい趣味じゃないけど、
 ゴーバスターズは逆に最初からフォーマットガチガチで後半苦戦する予感がします)


ここまでまともな戦闘描写がほとんどないのも、
初期段階で方向性固めすぎて後々それが縛りになる事を恐れての事ではないかと思ったり。
まあ、とは言ってもいつまでもこの調子が続いたら不満出てくるとは思いますが。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment