Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X
Post

スーパー戦隊と携帯電話型変身アイテムの関係について

個人的に前々から考えている、ジンクスっぽいもの。



ここしばらくのスーパー戦隊の玩具売り上げ推移です。

スーパー戦隊 歴代平均視聴率と商品売上を比べてみる(私さがし様)


もちろん売上が評価の全てではないですが、
それでも売上が大きく落ち込んだ年は大人の特撮ファンからも評価が高くない事が多いです。
具体的にはゲキレンジャーとゴセイジャーの2つで、
少なくとも実際に最後まで見て、自分も評価が低いし回りがそうであるのにも納得しています。

で、これに加えて各戦隊の変身アイテムを時系列に合わせて見てみます。


爆竜戦隊アバレンジャー ダイノブレス

特捜戦隊デカレンジャー 変身手帳 SPライセンス

魔法ケータイ マージフォン

轟轟戦隊ボウケンジャー 冒険携帯 アクセルラー

獣拳戦隊ゲキレンジャー 獣拳変身 ゲキチェンジャー

炎神戦隊ゴーオンジャー 変身携帯 ゴーフォン

侍戦隊シンケンジャー 変身携帯 ショドウフォン

天装戦隊ゴセイジャー ゴセイパワー解放器 テンソウダー

海賊戦隊ゴーカイジャー レンジャーキーシリーズ 変身携帯 モバイレーツ



変身アイテムをシリーズの順番で見てみると、マジレンジャー以降
携帯電話をモチーフにするものが主流になってきているのが分かります。

子供にとっての憧れのアイテムが
携帯電話だという時代を反映しているのだと思いますが、
当然その中でも携帯電話型でない戦隊も出てきています。

しかし、たまに変身アイテムが携帯電話でない戦隊が出ると、
その代の玩具売り上げが大きく落ち込んで
作品評価も低くなるというのが二度も起こってます。

上で売上が良くなかったと言っている2作品の変身アイテムを見てみると、
ゲキレンジャーはグローブ型、ゴセイジャーはよく分からない謎の装置。
逆にマジレンジャー以降の他の戦隊は全部携帯電話型で、
携帯電話型でない変身アイテムで失敗していない作品は
マジレンジャーの前のデカレンジャーが最後になっています。

もっとも、今は携帯電話型じゃないと売れないという程単純化できる話でもないし、
まだ2回偶然が起こっただけとも言える話ではあります。
なので、「もしかしたら」とジンクスとして考えている程度のものです。


来週から始まる特命戦隊ゴーバスターズが
予告など見た限り携帯電話型じゃなさそうなので、これでどっちに転ぶかは注目しています。

TrackBack URL :

Leave a comment  

name

email

website

Submit comment